MBF特別講習会のご案内

"先生からなら美容の治療も受けてみたいのです・・・"

 ご近所の患者さんのご希望に答えましょう!

 

費用対効果を考え、必要十分な光・レーザー治療法を指導します。
美容目的の光・レーザー治療は、以下の機器を同一患者に同時に使いこなせれば十分です。

ご希望により、下記1~5の各機器の使用法を1日の講習で伝授します。
また、combination治療として6~11もご希望に応じ講義実習をします。
下記の項目以外でも、ご希望の施術法がありましたら、ご相談下さい。

 

開催日 日曜日
募集 実際に機器を使用し、ペアとなり使用法を体験してもらいますので、モデルは先生ご自身となります。
催行人数 通常2名
(なるべくペアでお申込み下さい。お一人の場合は、モデルの方をご同伴下さい。)
時間 日曜 10時~15時頃までの時間帯。連続講義、機器の講習並びに指導下に実習。
短時間の休憩はありますが、昼食はありませんので、各自、十分な朝食、終了後の食事にて間に合わせてください。
対象 医師のみ
費用 会員 10万円(非会員の方は、まず入会申込をお願い致します)
場所

都内のクリニックにて

講師 日本抗加齢美容医療学会 理事
アフターケア ご参加された先生は、終了後何度でもメールでのご相談・お問い合わせにお答え致します。

 

1.  炭酸ガスレーザー super pulse mode, continuous modeの使い分け
2.  IPL 640nm, 590nm, 560nmとジュール数設定の使い分け 毎回使用
3.  Q-YAG 1064nm, 532nm、fraxelの使い分け、1064nm 毎回使用
4.  Long pulse YAG 3ms  毎回使用
5.  Q-Ruby の使い方—いきなり照射すると数ヶ月単位の色素沈着が残存し、困る
6.  ペンレス 希望者には無料施行とその考え方
7.  術後の処置と自家調整のクリーム塗布、
       発赤へのコンシーラ、マキアージュコンシリキッド ライトの使用法

Advanced course:
8.  SPF50以上のsun screenのすすめ
9.  レーザー脱毛
10. ヒアルロン酸 注射
11. v−リフト

 

ヒアルロン酸など、薬剤の使用をご希望の場合は、当日ご持参いただくか、使用した分を実費請求とさせていただきます。
その他、ご希望の施術法をご相談下さい。

参加ご希望の先生は、MBF事務局(info@mbf-new.com)までお問合わせください。

 

【講習会の様子】